3つのチェックポイント

インプラントは、やり直しが非常に難しい治療です。あなたの身体の一部になるものですから、真剣に慎重にご検討いただきたいと考えて、3つのチェックポイントをお話しします。

  1. 良いインプラント治療、良いインプラント医とは?
  2. 施術する医師の技術・知識を見極めるには?
  3. 症例写真のチェックは不可欠!
1

良いインプラント治療、良いインプラント医とは?

健康なお口でない状態での、インプラント治療は危険です。

インプラント治療を始める際に、もっとも大事なことは「お口を健康にすること」です。とくに歯周病管理ができていないまま、インプラント治療を行うのは危険です。歯周病の原因菌をお口の中から一掃し、口腔内細菌“ゼロ”になるようにしっかりと治療しましょう。

インプラント治療成功の為には総合的な医療技術が必要

インプラント治療成功の為には総合的な医療技術が必要です。

複数分野の歯科治療のエキスパートです。

上部構造とは、インプラントを植立するために歯槽骨に打ち込んだフィクスチャー(ネジ)に、アバットメント(連結部分)を介して装着される人工歯のことです。この理解度が低いと、短期間にインプラントそのものが崩壊してしまいます。見た目に違和感がなく自然な仕上がりとするためには、審美歯科の技術力が必要です。だからこそ、施術するインプラント医の経験や実績を知ることは患者さんにとって重要です。

インプラント以外の選択肢を提案できます。

前述のように、インプラント治療には、総合的な技術・知識・経験が必要です。優秀なインプラント医はインプラント以外のさまざまな治療に精通しています。患者さんが「インプラントをしたい」とお考えであっても、状態によっては違う治療が有効であることも少なくありません。「インプラントありき」の相談をしないで、まずは、お困りのことを医師に相談することをおすすめします。

2

施術する医師の技術・知識を見極めるには?

技術力を高めるための研鑽をしているか?

インプラントは日進月歩の技術です。書籍やインターネットの情報では、インプラント医の技術は向上しません。学会等のインプラント医が自らの症例を公開し、意見し合う厳しい環境に積極的に参加する必要があります。また、日本だけでなく、世界のインプラント医とも交流し、最新の情報を仕入れる必要があります。

研究イメージ

客観的な評価を受けているか?

たとえば、日本口腔インプラント学会という学会があります。自らの症例を発表したり、研修プログラムに参加し、試験をクリアした医師だけが専門医の資格を与えられます。また、日本全国のインプラント医と支え合うインプラント保証制度に加盟する際には90以上におよぶ審査を受けなければなりません。組織の内部的な評価や、お金で買える資格でなく、客観的な評価についてもチェックすることをおすすめします。

治療する「人」のヒストリーにも注目

優秀なインプラント医ほど、より良い技術を手に入れるために、国も年齢も関係なく、さまざまな分野の研究をしてきています。それらの経歴や資格を公開することは、技術に自信がある1つの指標になると考えます。

3

症例写真のチェックは不可欠!

症例

さまざまなタイプの症例を見てみましょう

インプラント治療といっても、患者さんの人数と同じだけ、治療方法はさまざまです。基本的な症例だけでなく、難しい症例の説明を確認してみましょう。

症例写真は掲載されていて当然

ホームページへの症例写真の掲載は、法的に何の問題もありません。患者さんが正確な情報を掴むために、必要なことの1つだと認識されているからです。積極的に情報開示している医療機関を選択したいものです。

治療の良し悪しが一目瞭然

インプラント医が見ると、その治療の良し悪しは一目でわかります。症例写真を掲載していることは「技術力を公開すること」なのです。