口元に関して、同じ美意識とを共有できる“センス・技術・知識”
全てを兼ね備えた心から信頼できるパートナーです。

院長 太田 一伸

歯科技工士 吉田 亨

歯科技工士 吉田 亨

補綴とは、 本来、 患者さんの心身の全てを診た上で、歯牙がどうあるべきかを考えなければ成功しない。

  • 上品で、 自然で、美しい歯を作ろう
  • 口腔内を傷つけず、よく噛める、 優しい歯を作ろう
  • 欠けず壊れず、丈夫で長持ちする、強い歯を作ろう

3つのことを同時に満足させる、そんな欲張ったセラミクスを焼くことが、私の仕事です。

患者さんに変わってイメージを具現化する、それが歯科技工士という仕事の醍醐味。患者さんの個性に調和する色や形は言うまでもなく、患者さんの笑顔を引き出せるような仕事がしたい。ポーセレンを焼く事は本当に楽しいです。もっともっと腕を磨きたい。形ある物いつかは壊れるものです。 だからこそ、少しでも長く持つ歯を作りたい。
そう思って歩んできたのが、セラミストの道でした。

歯科技工士 吉田 亨

活動の経歴

  • 東京歯科技工専門学校非常勤講師(2年間)
  • 早稲田歯科技工トレーニングセンター非常勤講師(1年間)
  • 東北大学付属歯科技工科非常勤講師(2年間)
  • 松風、東京歯科大学とキャスタブルガラスの共同開発(6年間)
  • 三金技術顧問(10年間)
  • Johnson&Johnson社:Alceramインストラクター(3年間)
  • Ducera社:Duceramインストラクター(15年間)
  • Cendre-Metau社:Attachmentインストラクター(15年間)
  • Wieland社:AGCインストラクター(15年間)
  • Straumann社:Implantインストラクター(10年間)
  • 3M社:Synfonyインストラクター(5年間)

現在

  • 筑波大学付属聾学校非常勤講師(32年間)
  • Cendre-Metau社:PekktonTeamアジア代表(2013年より)