治療について

気になる所をチェック!

保険のきく治療ときかない治療の違いを理解している。
  • YES
  • NO

「NO」とお答えの方へ

保険治療は、残念ながら今のところ必要最小限の治療と言うしかありません。
材料、方法などには制限があり、体にやさしい材料や最先端の技術を使うことができないのです。

誤解されるといけないのは、自費治療との違いは、単なる「材料の違い」ではない、ということです。

治したものができるかぎり永持ちして、快適に、しかも美しくあるために、いかに「手間」と「技術」をそそぐか、の差なのです。

気になる所をチェック!のページトップへ戻る