治療について

気になる所をチェック!

歯を「削る・埋める」というのは最も有効な治療方法である。
  • YES
  • NO

「YES」とお答えの方へ

歯の状態にもよりますが、必ずしも「削る・埋める」という治療が最も有効な治療方法とはいえません。できるかぎり歯は削らない。「削った歯は帰ってこない」のです。
歯の悪いところをとってしまえば、その歯の一部分がなくなってしまうわけで、できる限り「削らないですむ治療」を優先させるべきだと考えます。

私は「削る」という言葉自体が歯の治療の誤解を生んでいると思います。恐がりの患者さんは一様に「削る」「削られた」を強調されます。
「キーン」という音が恐怖感を生んでいるために、できるだけそのような治療を受けたくないという気持ちになるのでしょうか?
いつも患者さんには、いまから虫歯の「悪いところを取ります」という表現をし「削る」は禁句としています。

歯に穴があいてしまったら、そうしないといけませんね。
ただ単に、「削る・埋める」だけでは旧来の歯科治療そのものです。
なぜ治療せざるを得なくなったか、今後そうならないようにするにはどうしたらいいか、などを追求しなければならないでしょう。

気になる所をチェック!のページトップへ戻る